プレ金,失敗,月初,本当,SNS,反応

出典元;経済産業省

2017年スタートしたプレミアムフライデー。

月末の金曜日は15:00帰社し家族と過ごしたり、同僚と飲みに行ったり、旅行に行ったりと消費拡大を狙った制度。

導入されれば、モチロンありがたい制度だが、実態は15:00に帰れと言われても帰れないし、これで消費行動を起こすとはとても思えないです。

で、結局の所導入している会社はかなり少ない。

モチロン私の会社も導入していない。

今回、経団連の榊原会長が記者会見で

「月初にしてほしいという声が非常に強いと」述べたようだが、本当なのか?SNSの反応をチェックして見ました〜

それでは行ってみましょう!

プレ金の時期は月初にという声が強いって本当か!?SNSをチェック!

経団連の榊原会長が月初にしてほしいという声が強いって本当なのか?

ツイッターでSNSの反応をチェックしたところ

とまあ、こんな感じで、月初が良いなんて、ツイッター見る限りナシに等しかったですね。

それもそうでしょう。

忙しい時期って人によって変わる。月初が忙しい人もいれば、月末が忙しい人いますからね。もともと、どうして月末にしたのか?次はどうして月初が良いと思ったのか?統計でもとったのか?

プレ金導入したら、買い物が増えたり、旅行が増えたりするって誰がどうやって決めたの?プレ金導入含め、思いつきで物事を判断しているようにしか思えないですよね。

プレ金は失敗!SNSの反応は?

SNSの反応を見てみると、月初とか月末とかの問題ではなく、やっぱりプレ金自体がやっぱり失敗なんだなあって思います。
目的としていた消費も伸びないみたいでしね。

自分も含め有給休暇もまともに取れない企業が大多数。プレ金とか導入して下手に働く時間を奪うのも考えもの。ますます有給休暇が取れなくなっちゃう。まずは有給休暇取得率をあげることからスタートしたほうが良いんじゃないかって思う。

けど、働き方改革もすぐにいい案が生まれるわけないから、「何かを導入しようと言う考えは良い」と思うけど、もう少し考えてほしいです。民の声(SNS)を見て欲しいすよね。

ただ、休みが増えても、お金がないと消費しないので、下手に休みを増やすのではなく、給与アップを経団連は各企業に依頼して欲しいです。

政府は引き続き金融緩和の継続。更に減税すれば、消費も増えてくるでしょう。増税なんて絶対やったらダメ。増税したら景気が悪くなので税収は増えないです。減税をして経済成長を促して欲しいです。

「プレ金」の見直しについてはどんどん検討してもらいたいですね。

おすすめの記事