禁酒,3日目,頭痛,眠気,ヒドイ,禁断症状,いつまで,飲み会

禁酒生活を初めて3日目。

禁煙の時もそうだったけど、少しの時間だけ

「自分がビールを美味しいそうに飲む姿が脳裏に」

浮かんでくるんですよね。

自分の場合、帰宅時に電車の中〜自宅の間に思うのがほとんど。

なので、頭に浮かんだビールを飲みたいという感情をおさえながら自宅に帰る事が出来るかが勝負の分かれ目。

今日はいいか〜なんて、甘い考えをせず、真っ直ぐに自宅に帰る必要があるのです。

で、自宅に帰ればこっちのもの。

炭酸水をぐいっと飲んで、ご飯を食べてしまえば、OKです。

どうやら、ご飯(米)+ビール=太る。と自分の中ではインストールされているようで

ご飯を食べてしまえば、ビールは飲みたいと自分の脳は思わないようです。

そんなビール党の自分。

禁酒開始から3日目の禁断症状や飲み会の参加方法について紹介しておきます。

禁酒3日目に禁断症状が!頭痛や眠気がヒドイ!

何事も3日、3週間、3ヶ月と言います。

なので、この3日目は重要だと思ってました。

2日目には眠気が激しくて、ブログを書いていたら

そのまま自宅のデスクに座りながら爆睡。

眠い〜という感覚があったことも、記憶にないくらい眠かったようです。

人によっては、不眠になるようですが、自分の場合眠気のほうにくるようです。

ちなみに不眠が起こるメカニズは

アルコールはレム睡眠を抑制します。その為、長期間の飲酒をしておられた方の場合、そのリバウンドが起こります。ノンレム睡眠~レム睡眠のサイクルが約1時間半なので、その1時間半と一致した周期での覚醒がよく見られます。これが2週間から1カ月までの不眠の特徴です。

出典元;yahoo知恵袋

ということです。

自分の場合、長時間飲酒を繰り返していたわけではなく

飲酒をすると、逆に眠くて飲酒をヤメていたほうなので

アルコールによる睡眠障害というのはなさそうです。

ただ、アルコールを飲んですぐ眠くなるのは

アルコールを分解し難い体のようで年齢や体質的にお酒に弱い人に出る症状のようです。

なので、お酒に弱い体質なんだと、初めて実感しました。

頭痛に関しては、常に重い感じする程度。

5月の初旬に経験するような花粉症に似た症状。

我慢出来ないほどではなく、若干辛いなあーーという程度です。

これも好転反応って奴で

これからやってくる快調な日々を想像すれば楽しみ100倍だあーーー

禁酒,3日目,頭痛,眠気,ヒドイ,禁断症状,いつまで,飲み会

禁酒3日目に禁断症状はいつまで続く?

禁断症状がいつまで続くのか?

これって気になりますよね。

人によって違いがあるようですが、2〜3週間程度とあります。

 

なのであと14日程度。

そこそこ長いです。

話が変わりますが、禁煙を開始して7年。

 

いまだに吸いたいと思う時が襲ってきます。

けど、その感情が出て来る頻度が、どんどん長くなるんですよね。

 

この事を知っているので、残り2週間も絶対乗り切ってやる!

って思っているけど、禁酒と禁煙って違いますよね。

 

「百害あって一利なし」という諺があるので

禁煙はみんな応援してくれます。がんばれっノ^ο^ノ系

 

「百薬の長」という諺があるくらいなので

禁酒は人によっては応援してくれません。コラ!\(`Э)系 

 

「つまらねーーヤツ」と言われちゃいます。(〒д〒)シラ~

 

これが、禁酒が進みにくい原因の1つだと思います。

けど、自分の事は自分がよく知っていて、

アルコールは飲み会だけで済めばいいですが、家でも飲んでしまうのが自分。

外でも飲み、家でも飲み続ければ

いつかは依存症になるだろうと思ってます。

そうなるまえに早めに手を打ったほうがいいですから。

飲み会の参加した時の対応について考えてみた。

ということで、仕事で飲む機会が多いサラリーマンが会社や取引先でアルコールをどう断るか?

考えてみようと思います。

これがしっかりと出来ないと、まず禁酒は出来ません。

 

まずは自分の性格について、正直に話した方が良いと思う

「自分って、飲むとダメなんですよね。」

「家でも飲んじゃうし、飲むと体調が悪くなるので、禁酒してます!!」

「将来アルコール依存症に成る可能性があると思ってます!」

「ノンアルコールビールで乾杯させて下さい。」

 

と、しっかりと話せばわかる人たちですから。

家では、家族が応援してくれるので、頑張れると思います。

3ヶ月禁酒出来た時の褒美は、MACBOOK PROって決めてます。

あ~~~~楽しみ!

乗り越えられない山はない。

絶対にやってやる。

おすすめの記事